天竺牡丹(てんじくぼたん)

 ダリアは別名を天竺牡丹というそうです。「天竺」というのはヨーロッパ人が渡来して以来「外国, 遠隔地, 舶来」の意としてある語に添えて用いるようになったそうです。日本には天保年代(1842年頃)にオランダより渡来しました。本来はメキシコ原産の多年草ですが, スウェーデンの植物学者A.Dahlに因んでダリアと命名されたそうです。写真の形状(デコラ咲き)のみ天竺牡丹というのだと思っておりましたが他にもポンポン咲き, カクタス咲きなど様々な形状があります。色により花言葉が異なり, 「黄色は栄華・優美」「 赤は栄華・華麗」「白は感謝・豊かな愛情」と言われています。栄華は黄, 赤共通なのですね。現在も改良が重ねられているためピンク色などにはまだ花言葉はないそうです。色名に選んだベビーピンクも歴史は新しく, 19世紀後半に乳幼児色の標準色として登場した色です。

色:ベビーピンク JIS

参考文献
『角川俳句大歳時記 夏』 発行者 群司聡 株式会社KADOKAWA p589  2016年2月20日 5版発行 
『広辞苑』第六版 [アプリケーション] iPhone LogoVista電子辞書©2008-2015 ロゴヴィスタ
『色の名前辞典507』著者 福田邦夫 主婦の友社 p20 2017年3月31日発行


IRO*Bon

身のまわりにある色を集めているサイトです。ボンボニエールというお菓子を入れる器に色を込めていくように記事を手がけていきます。 毎週水曜日と月曜日更新です。

0コメント

  • 1000 / 1000