陰縞(かげしま)

  しまうまは古くから皮革として使用され, 人とは切っても切れない縁があります。他の動物にはない個性である縞模様は動物園広しといえど目に留まります。しかしこの模様, 本来は目立たないようにするための保護色という説もあり, 草原地帯では身を守る為の迷彩服なのかもしれません。写真はチャップマンしまうまという種で濃い縞の間に薄い縞があり,  これを陰縞と呼びます。木炭で描いてパン屑で擦ったような質感ですね。色名のチャコールは木炭を意味するため, 今回はこの色を選びました。

色:チャコールグレー JIS


参考文献
『バーチャルひがしやま動物園&植物園』  
『色の名前辞典507』著者 福田邦夫 主婦の友社 p263 2017年3月31日発行
 撮影場所:名古屋市千種区 東山動植物園にて


IRO*Bon

身のまわりにある色を集めているサイトです。ボンボニエールというお菓子を入れる器に色を込めていくように記事を手がけていきます。 毎週水曜日と月曜日更新です。

0コメント

  • 1000 / 1000