洗い出し(あらいだし)

 街を歩いていると時折小石が地面に埋め込まれているのを目にします。コンクリートが乾かないうちに表面を洗い流すことで小石を露出させる事から「洗い出し」と呼ばれています。ユニットバスが主流になる以前は, 洗い場に玉砂利を使用しているも多々家ありました。暑い夏は夜でも砂利が熱を持ち, 冬は針で刺すように冷たい足の裏の感触は, 昭和の懐かしさを思い出させてくれます。

 玉砂利の色分類には黄系, 黒系などの他に錆(さび)系というものがあります。上記の写真も錆系に分類されます。原料の鉄に由来するというよりは, 寂び(さび)の美意識を表す修飾語が元となっているそうです。

色:錆色 JIS

参考文献
『色の名前辞典507』著者 福田邦夫 主婦の友社 p110 2017年3月31日発行


IRO*Bon

身のまわりにある色を集めているサイトです。ボンボニエールというお菓子を入れる器に色を込めていくように記事を手がけていきます。 月曜日更新です。

0コメント

  • 1000 / 1000